Skip to content

義務化されたストレスチェック

2015年12月から従業員が50人の企業に対して、ストレスチェックが義務化されています。このことからメンタルヘルスへの対策を企業側が率先して行う流れを期待することができるでしょう。
またストレスというものを数値化することで、顕在化することができますので、従業員が自分の身体を知るきっかけのひとつとして期待することができます。ただしストレスチェックの義務化にはいろいろと問題点もあります。
結果は企業には知らされず従業員に送られることになり、あとは本人任せになります。

たとえストレスが多いと判断されたとしても、健康診断のように医師への診察を受けるような体制が整っているわけではなく、自らの希望によって診察を受けるかどうかを決めなければいけません。またどんなメンタルヘルスの対策を企業側が立てれば良いのかまで、企業もその計画の立て方が難しいのが現状です。

ストレスを負っている従業員が多いことを企業側が把握できないシステムとなっていますので、できることは限られていると言えるでしょう。このような状況下のなかで行わなければいけないのがストレスチェックの義務化になっています。ただし改善点になりますので、これから期待することができます。
なかなか自分でストレスというものを把握できていない人も多いことから、このような制度化というのはとても評価することができるでしょう。従業員が受けなければならない義務化もありませんが、進んでストレスチェックを受けてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です