Skip to content

義務化となったストレスチェックについて

2015年に始まったストレスチェック制度は、任意で行うというものではなく事業所に義務付けられたものとして制度化されました。いわゆる義務化された制度であり健康診断と同じように毎年行わなければならないものとして位置づけられているのです。
そのためストレスチェックについては定期的に行い、職場の健康管理と安全のために努めなければならないといえます。そのようなストレスチェックの義務化ですが、社内に専門家を抱えているような中堅以上の企業であれば自前での対応も不可能ではありません。
しかしながら社内に医療スタッフを配置していない中堅以下の中小企業中心とする大多数の企業にとっては、自力で対応することが困難な仕組みであると言えるでしょう。ストレスチェックの義務化はある意味では大きな負担となって中小企業にのしかかっていると言えるのです。
そのような中小企業にとって最も有効であると考えられる対応方法としては、外部に委託すると言う実施方法が推奨されます。社内に専門のスタッフを配置することが困難な企業は少なくありません。
このためだけに内部に人を雇うのではなく、丸ごと外部に委託することでコストパフォーマンスの高いストレスチェックを行うことができます。
最近では専門の業者も多くなってきていますが、健康診断を行う医療機関等が同時に実施してくれる場合もあります。様々な選択肢をテーブルの上に置き、最良の選択肢を取れるように心がけることがお勧めできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です