Skip to content

ストレスチェックの義務化によって改善できること

事業所の規模によっては努力目標となるケースもありますが、従業員が50名以上在籍している事業所や企業においては、必ず年に1回のストレスチェックを実施することが義務化されました。2015年12月よりこの制度が開始されましたので、既にストレスチェックを受けた経験のある方も多いことでしょう。
ストレスチェックの実施によって大きなメリットは従業員側のメンタルヘルスの安定化にあります。現在はストレス社会とも言われており、職場内の環境が従業員に与えるストレスは見逃すことのできない問題になっています。人間関係や過重労働、立場による責任の重さ、雇用条件などさまざまな点が従業員にとっての重荷となり、本来発揮できるはずの業務上のパフォーマンスが発揮できないという状況にある人も少なくありません。
そのようなケースを洗い出し、従業員は職場にとって大切な財産でありメンタルケアを重点的に実施しなければならないという観点からも、ストレスチェックの義務化はたいへん有意義なものであるといえるでしょう。高ストレス状態にあり、メンタル面での不調を生じさせる可能性のある従業員に対して、職場側は適切な支援体制と環境の変更を実施し、早急に改善していくことが求められることとなります。
従来はメンタルケアに関しての取り組みには立ち遅れが指摘されておりました。ストレスチェックが義務化されて、従業員のみならず、経営者側にとっても勤務状況の適切な管理が重要であるという意識改革につながっていると考えて良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です