Skip to content

ストレスチェックを義務化する目的

労働安全衛生法に基づいて、常時50人以上の従業員がいる事業場に対して、ストレスチェック実施の義務化がスタートしています。基本的に言って、職場における事業者による従業員のメンタルヘルスケアには、大きく分けて三つの段階があると考えられていますが、ストレスチェック制度の義務化には、特に最初の段階である一次予防を強化する目的があると言えるでしょう。
ここで言う一次予防とは、従業員のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことを主な目的としたものです。ストレスチェックの導入によって従業員のストレスの状況について定期的に検査を行ない、その結果を本人に知らせることで自分のストレスについての気づきを促すことができます。
このようにして、個々の従業員のストレスを低減させることができるのです。ストレスチェックの義務化の目的である一次予防には、検査の結果を集団ごとに集計したり分析することによって、職場におけるストレスの要因を見極め、職場の環境を改善することも含まれます。
こうして職場環境を改善し、ストレスの要因となるものを減らすように努めることによって、そこで働くそれぞれの従業員のストレスは軽減され、より一層気持ちよく働けるようになることでしょう。こうして働きやすい職場の環境作りが実現するなら、当然ながら仕事の生産性も一層向上することでしょう。職場におけるストレスチェックの義務化は、まさにこうした目的にかなった制度であると言えるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です