Skip to content

ストレスチェックの義務化に対応するために

これまで職場のメンタルヘルス対策は、必要と感じていたとしても実際に行動に移すことができるのは規模の大きな企業だけであると言うのが現実でした。しかしながら2015年末に施行された法律に基づき、常時50名以上の従業員を雇用する企業はストレスチェックの実施義務を持つことになりました。
この変化はとても大きなことであり、中小企業を含む非常に多くの数の企業がメンタルヘルス対策に臨まなければならなくなったので。既に何らかの形で対策を進めている企業であれば、担当するスタッフやノウハウについてもある程度蓄積されていると考えることができますが、そうでない企業にとってはストレスチェックの義務化に対応するというのは非常に大きな負担です。
義務化でなければ様々な選択肢もあると言えますが、法律に基づいて義務化されたと言う背景にはそれだけ早急に取り組まなければならない社会的な背景があると言えるでしょう。ストレスチェックに対しては、実施をするための仕組みを持っていない企業は外部に委託すると言う方法が推奨されます。
健康診断と同じようにストレスチェックを専門の機関に外部委託することによって適切に行うことができるでしょう。専属のスタッフがいない場合には、外部委託をすることが最も確実かつコストパフォーマンスに優れた選択肢であると言う事をお勧めします。経験豊富な業者であれば安い価格で効率よく実施することができますので大変お勧めです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です