Skip to content

ストレスチェック制度

2015年12月に始まったストレスチェック制度は、事業場毎に労働者のストレスの状況について定期的に検査を実施することを義務化しました。

小規模の事業場は負担が大きいため当分の間は努力義務となっています。

制度が求めていることは、ストレスチェックの結果によってメンタルヘルスの状態を本人に通知して自覚を促すこと、
それによってメンタルヘルス不調の個人に対するリスクを低減させること、
結果を集団的に分析して、メンタルヘルス不調が起きやすい原因を究明することで職場環境の改善につなげることです。

メンタルヘルス不調で注意しなければならないのは、気づけないということです。本人が自覚しないまま悪化して取り返しのできない状況になることがほとんどです。

また、職場環境についても通常行われていることだからメンタルヘルスに影響すると気がつけない場合もあります。

それをストレスチェックによって明確にして対応できるようにすることが重要です。

この制度では、ストレスチェックの結果を集計、分析して職場の分析と必要な改善を行うことは努力義務としています。

部や課、グループなどの集団でメンタルヘルス不調が多い傾向を把握し、その原因を明らかにします。

改善の方法としては、手順の改訂、人員や設備の拡充、他部門との業務区切りの再考などが考えらます。

メンタルヘルス不調を個人のせいにするのではなく事業所全体で解決する姿勢が重要となります。義務ではありませんが、この取り組みが行われなければ意味がありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です