Skip to content

制度になったストレスチェック

今まで根性論や精神論を振り回すことが多かった日本でも、メンタルケアの重要度に関心を持つようになり、それに伴い発足されたのがストレスチェックの制度です。

これは2015年から始まり、従業員が50人以上の企業を対象にして実施されています。

今まで感じる側も漠然とした感度だったストレスが数値化されますので、可視化されやすいことから推奨される制度がストレスチェックになるでしょう。ただし盲点がいくつかあります。

制度化されたのは良いことですが、健康診断のように義務化されているわけではありません。

法令化されているのが健康診断ですので、受ける義務が従業員側には発生しますが、ストレスチェックにはそれがありません。

よって拒否することも可能になり、そうなればせっかく可視化できるチャンスを見逃すことになるでしょう。

またその結果は従業員側は知ることができますが、企業側には伝わることがありません。よってどんなメンタルケアを実施するべきなのかまで行き届いていない現状があります。このような盲点が存在しているのも、ストレスチェックの制度になります。これから改善するべき点が露呈していき、それを直すことによって日本国民にとって有意義な制度になることが期待されています。

受ける側もたかがストレスといった感じで受け止めないことも必要です。ストレスは大病を引き起こすトリガーにもなる存在であり、大変怖いものであることを認識しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です