Skip to content

ストレスチェック制度の必要性

日頃からさまざまな仕事上のプレッシャーを受ける社会人の方にとって、健康維持の大敵となるのがストレスです。

仕事上のストレスとしては、人間関係のこじれによるストレスがあります。例えば、そりの合わない上司、考えの異なる同僚、仕事意識が低い部下などと、会社の中で常に顔を合わせている状況が続くと、ストレスが蓄積されて次第に心身に不調をきたす場合があります。

また、人間関係のストレスだけでなく、最近では過労によるストレスも問題になっています。本来、このようなストレスは、雇用主である会社が把握して、状況が悪化しないように事前に適切な手をうつのが好ましいのですが、現実には、会社がすべての従業員のストレス状態を把握することは難しいです。

そこで、ストレスから従業員の健康を守るため、ストレスチェック制度が重要視されるようになりました。近年では、厚生労働省の主導によりストレスチェックが具体的に制度化されました。この制度は、従業員の健康維持を図ることを目的として、従業員のストレスを事前に把握、診断するものであり、その制度趣旨から、ストレスチェックは、一定の従業員を雇っている中規模以上の事業主に対して実施が義務づけられています。

ストレスチェックの実施においては、まず、個々の従業員に対して、ストレス診断のためのさまざまな設問が記載された質問票が配られます。各従業員は、自分の現在の仕事の状況や人間関係などを思い出しながら設問に回答していきます。その回答内容から、各々の従業員に対して専門機関によるストレス診断が行われます。回答内容は会社側では確認できず、また、ストレス診断は会社とは別の第三者機関が行う点が大きな特徴です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です