Skip to content

ストレスチェック制度について

厚生労働省は平成26年に労働安全衛生法の一部を改正する法律を公布しました。

その中で新たに設けられたストレスチェック制度の具体的な内容や運用方法を定めた省令を平成27年に公布するとともに告示、指針を定め公表しています。このストレスチェック制度とは、労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するために検査を行い、その結果に基づき産業医による面接指導などを事業者に義務付ける制度です。

これは従業員50人以上の事業所に義務付けられたものですが、50人未満の事業場は制度実施後、当分の間は努力義務としており、平成27年施行されています。これは精神障害を原因とする労働災害認定件数の増加を受け、最近の社会情勢の変化や労働災害の動向に即した形で広く労働者の安全と健康を一層充実させるために設けられた制度です。

実施にあたり、個人情報を守るためにも実施者は医師、保健師、精神保健福祉士等の有資格者に限定しており、かつ国の指定した研修を終えた者があたります。ストレスチェックの実施、分析、個人への通知に関わり、本人の同意なく事業所にその結果を報告することはありません。

この検査は外部に委託することも可能です。ストレスチェックの方法としては、57項目の設問に4段階方式で回答するというものです。その結果高ストレス者と判断された人は希望すれば産業医等の面接指導を受けることができます。更に必要ならば職場において配置転換や残業を減らすなど個々に応じた対策を講じなければなりません。ストレスチェックは個々が自分のストレスに早めに気づき、メンタルの不調者の発生を防ぎ、より働きやすく健子的な職場へと改善することを目指すものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です