Skip to content

ストレスチェック制度の概要

ストレス社会と呼ばれて久しい今日、特に仕事上の悩みやトラブルから来るストレスで体調を崩す方が、年を追うごとに増えています。

仕事上のストレスの代表例が人間関係のこじれによるもの。社内で、上司や同僚、部下との折り合いが悪く、関係が悪化していくにつれ、顔を合わせるたびに強いストレスを感じている人も多いはず。また、最近では、全国的に人材不足の感がありますが、その影響により、過労によるストレスも大きな問題となっています。

人手が不足して一人一人の業務量が増え、自分一人で処理できる量を大きく超える仕事を抱えてしまうのです。このようなストレス起因による健康阻害については、本来は、雇用主である企業が常に個々の従業員の状態を把握して、人員配置や異動など、先手を打って適切な対応を取っていくことが望ましいのですが、現実には、従業員一人一人のストレス状態をチェックすることは容易ではありません。

そこで、従来からストレスチェックの制度化が求められてきました。今般、ストレス起因による心身不調が社会問題化するにつれ、ようやく、国も、厚生労働省の主導の下、ストレスチェックを制度化することとなりました。ストレスチェックでは、具体的には、ストレス診断のための質問票がすべての従業員に配布され、各従業員は、自身の仕事の状況などに応じて設問に答えていきます。

この回答は、雇用主である企業とは別の、第三者機関によって回収された上で、医師等の専門家によってストレス診断が行われます。なお、労働者の健康維持という観点から、できる限り多くの企業の参加が望まれることから、ストレスチェック制度は、一定の従業員を雇用している中規模以上の事業主に対して実施が義務づけられています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です