Skip to content

制度化されたストレスチェック

ストレスチェックとは、企業が従業員のメンタルヘルスの為に行うよう義務化された制度です。これは、平成26年の労働安全衛生法改正により施行されたものです。

義務化されたのは、全事業ではなく、常時従業員が50名以上勤務している事業所が対象になっています。ストレスチェックの制度は、実施だけでなく、その結果から必要な職場の環境整備と個人に対する処置や対応を行い、その報告も労働基準監督署へ提出します。これを怠った企業には、労働安全衛生法第120条の規定に従い、50万円以下の罰金が科せられることになります。

この背景には、職場の環境が原因の精神疾患や自殺が増えたこと、それによって労災保険請求や従業員の確保が難しくなったことによる企業の生産性が落ちたことがあります。この増加には、企業側は当然、従業員本人も自身の精神面の不調に気づくのが遅かった、気づいても相談する場やその機会が持たなかったという事が発見に至らず、悪化した事があるのです。

このストレスチェックの制度は、このようなことを未然に防ぐための予防的役割を果たす目的として施行されました。このチェックにより、ストレス反応が見られたものに対して医師や産業医、精神保健福祉士などその他の専門家が企業との間に入り職場環境改善と自己のセルフケアなどの指導をし、精神的健康を保ちながら長く働ける職場と企業の生産性を落とさないために協力します。義務化は50名以上の企業が対象ですが、この意味では企業全体が行うことも必要でしょう。、

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です