Skip to content

ストレスチェックの義務化と概要

平成26年労働安全衛生法の改正がなされ、労働者が常時50名以上の全事業場においてストレスチェックの実施が義務化されました。

この背景には、精神面の不調による労災申請者の増加を受け、メンタルヘルス不調を未然に防ぐための一次予防を講じること、職場環境を整備し、その発生を抑制するためのものです。実施は年に最低1回は行う事とされておりますが、業種によって繁忙期が違うので、その実施時期は事業者に任されます。

事業者は、ストレスチェックの実施が義務化となりましたが、従業員の受験は義務ではありません。受験した従業員の中で、高ストレス反応があった場合には、専門家による面接が行われ、事業者にフィードバックされて必要な職場環境の整備が行われます。この実施者は、医師や精神保健福祉士、看護師などの専門家とされています。

原則として、例えば人事部などの職場環境を操作できる役職や部署の者は実施者になれません。受験結果は、実施者から受験者本人に通知されますが、本人に許可なく事業者に結果を通知することはありません。内容は、「職場のストレス要因」「心身のストレス反応」周囲のサポート」で、厚生労働相は、職業性ストレス簡易調査票を推奨しています。

また、調査の実施や部門部署に合わせた集団分析も行えるアプリケーションの配布も行なっています。事業者には、従業員に行ったストレスチェックの結果を労働基準監督署への報告義務があり、これを怠ると労働安全衛生法第100条に違反するため、50万円以下の罰金が科せられます。このストレスチェックの義務化は、実施にかかる事業者への負担は大きいですが、従業員の精神衛生を保つ事が出来れば、会社の安定や発展に良い影響を与えると考えられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です