Skip to content

ストレスチェックの義務化に伴い企業が行なうべきこと

一年に一回のストレスチェックが義務化されたことに伴って、企業側にはどんなことが求められるのでしょうか。

まず、衛生委員会が設置され、ストレスチェックの実施方法などについての調査審議が行なわれます。また事業者は、ストレスチェックの担当者や実施者を選考しなければなりません。ここで注意が必要なのは、企業内での義務化は規定されていることですが、従業員の立場からすると全員受検が義務付けられているわけではないという点です。

既に通院している従業員に対して強要することがないよう注意しましょう。ストレスチェック制度の義務化により、企業には、受検した従業員にその結果をきちんと通知するという責任が生じます。その際企業側は、必ず本人だけに通知するようにし、他人に知られることがないよう細心の注意を払うことが必要です。封書や電子メールで通知することができるでしょう。

従業員のストレスチェックが義務化されているということは、企業側にその結果に基づいて行動することが求められていることが分かります。受検した結果として、ある従業員が高ストレス者と診断された場合には、医師による面接指導を実施する責任があります。

この面接指導によって、従業員に、ストレスに気づくよう促すとともに上手な対処法についての指導を与えることができるでしょう。場合によっては、医師の意見に基づき、就業部署の変更や労働時間の短縮といった具体的な措置を講じることが必要となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です