Skip to content

ストレスチェック義務化の影響について

中小企業を含む多くの一般企業を対象に義務化と言う形でスタートしたストレスチェック制度は良くも悪くも様々な影響を産業の現場にもたらしています。

長く職場のメンタルヘルスの問題の存在が議論されてきた中で、法的な位置づけのあるストレスチェックの義務化は画期的な活動であると言える側面があるものの、実施のノウハウを持っていない一般企業にとっては大きな負担になるケースが少なくありません。

大企業であれば医療の専門家を会社内で雇用しているケースもありますが、中小企業の場合には社内に雇用しているケースは極めて稀であり、産業医も月に一回程度話が出来るかどうかという環境も少なくありません。その様な中で充実したストレスチェックを実施するというのは簡単なことではないのです。

しかしながら義務化の流れは何とかストレスチェックを実施しなければならないという付加を現場にもたらすことになりました。負担のかかる中小企業にとって助けとなっているのは、この様な業務を代行してくれる業者の存在です。ストレスチェックの一部または全部を代行してくれる仕組みを活用することによって負担を大幅に軽減することが出来るのが魅力となっています。

インフラ整備のためには非常に負担がかかりますので、必要な設備投資が無い外部委託と言う方法は中小企業にとってはコストパフォーマンスの高い方法であると言えるのです。この様な仕組みを推進していくことが中小企業にとっては必要であると言えるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です