Skip to content

義務化されたストレスチェック

職場環境が原因で、うつ病やその他の精神疾患による休退職者、自殺者などの増加により、労災保険請求や労働者不足等税金や企業利益の損失が著しく増加傾向にあるため、職場のメンタルヘルス対策が急務であるとし、労働安全衛生法の改正が平成26年に改正されました。

この改正で、企業は従業員に対してストレスチェックを行うことを義務化しました。ストレスチェックの義務化は、常時50名以上の労働者がある事業所が対象になります。その結果、高ストレス反応が見られた従業員に対して、医師や産業医などの専門家による面接をします。その後、必要な環境整備及び処置を講じる流れとなります。

実施時期は事業主に任せられますが、年間1度は実施することとしており、その実施報告を労働基準監督署に提出も義務化されています。。これを怠った企業に対しては、労働安全衛生法第120条により、50万円以下の罰金が科せられるので注意が必要です。

ストレスチェックの実施者は、事業主や人事関係などの者が行うことは禁止されています。これは、受験者に何らかの心理操作が働き、正確な回答が得られない場合や、実施者が回答を改ざんする可能性を無くすためです。そのため、精神保健福祉士や一定の研修を受けた看護師、保健師などが実施することとされています。

結果は、受験者に個別に伝えられ、必要な者に対しては専門家による面接をします。その後、受験者本人に対して精神的健康を回復、維持するためのセルフケアなどのアドバイスが行われ、企業側に対しては、必要な職場の環境改善や勤務上の処置についての見解を伝えます。この見解を受けて、1ヶ月以内には対応や処置を行わなければならないこととされています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です