歯医者で使用するマイクロスコープの重要性

歯医者におけるマイクロスコープは、虫歯の治療やインプラントの施術など様々な場面で使用されています。


マイクロスコープは裸眼では見えにくい部分も確認出来る為、精度の高い治療には欠かせず、とくに虫歯の治療やレジンを使った修繕などには効果を発揮します。また自由診療などで実施される施術においては、歯科医師の感覚だけでは治療の精度が落ちるので、高度な治療を実現するためにはマイクロスコープが必要とされています。



とくに審美歯科では肉眼だけではどうしても細かい部分まではサポートしきれないので、完成度の高い治療のために幅広い場面で使用されています。
その他にも小児歯科において子供の小さな歯を丁寧に削るために使用されていたり、口腔外科などで切開が必要な場面で使用されていたりします。



また奥歯の虫歯で歯髄までカリエスが浸食してしまった場合に行なわれる根幹治療においては、すべてのカリエスをきちんと削り取るために細かく患部を確認しながら施術を行なう必要があります。



ですが肉眼での治療ではカリエスの状態を的確に把握することが困難な場合も多いので、近年では電子顕微鏡を使用した治療が一般的になってきています。

実際使用する場合としない場合では再発率も変わってくるので、精度の高い治療のためには使用するのが理想的です。
ですがマイクロスコープはすべての歯医者で使用しているわけではないので、マイクロスコープの使用の有無は事前に各歯医者に使用状況を確認する必要があります。