根管治療に必要な歯医者のマイクロスコープ

歯医者が歯の表面だけを削るなら肉眼でも何とかなりますが、根っこの部分を治療するのは困難です。

口の中は小さく複雑なため、十分な光が差し込んでこないし、いろいろな角度から見ることができないからです。

ですから虫歯が深くまで進行してしまったら、抜くしかないのが昔の歯医者でした。
しかし入れ歯はどうしても違和感があり、メンテナンスも面倒です。


できることなら自分の歯を残したいと考えるのが自然です。



そのためには細く入り組んだ根っこの虫歯まで、治療することが必要になります。



こうした目的でマイクロスコープを導入する歯医者が増えています。顕微鏡の一種であるマイクロスコープは、細かい作業が必要な精密機械工場や、医療現場では脳外科手術などに採用されています。


光を照射して患部の画像をモニターに映し出し、それを見ながら作業ができるため、歯の根管治療には大きな武器になります。
もちろん普通の虫歯治療でも、肉眼では見えない小さな虫歯まで発見できますし、審美歯科やインプラント治療でも活用されています。

虫歯が再発するのは、汚れや虫歯菌を完全には取り切れていないことが原因のひとつです。
マイクロスコープを利用すれば、経験と勘だけで削っていた患部の汚れを、目で見ながら取り除くことができます。



そのため再発を防止でき、長い間健康できれいな歯を保つ役に立ちます。

肉眼で見にくい奥歯になるほど、マイクロスコープの効果は高くなると言われています。