審美歯科とその目的とは

審美歯科とは一般の歯科医院が虫歯や歯周病などの治療や目的など歯の健康を目的としているのに対して、歯の健康はもちろんのこと歯の美しさも目的としている歯科のことを言います。
審美歯科は歯を白くしたい場合や歯並びを美しくしたい場合、歯の欠損した部分を自然な形で補いたい、歯肉を美しく見えるようにしたいなどと言う場合に適した治療を行っていくところです。

虫歯などの治療は基本的には一般の歯科での治療と同じですが、虫歯を削った後に詰めるインレーと呼ばれる詰め物が一般の歯科では銀歯であることが多いですが、審美歯科は自由診療で白い人工歯を入れることができます。


そのため前歯だけではなく、奥歯も銀歯で済ますのではなく白くて美しく見えるように白い歯を入れることができるのです。

また歯が欠けてしまった場合などに歯根に被せるクラウンと呼ばれる歯冠補綴物がありますがこれも自然な歯に見えるように作って治療をすることができます。



また審美歯科では虫歯の治療だけではなく歯を白くするホワイトニング治療や歯並びを美しく整える矯正治療も受けることができます。



矯正治療は一般歯科でも受けることができますが、審美歯科で受ける場合には矯正中の矯正具が目立たないものを用いて行うことができ、口元のコンプレックスを軽減するように治療を進めてもらうことも可能で。
歯並びを整えて噛み合わせや顎のずれなどを改善することによって体の機能が正しく働くようにしながら見た目にも美しい口元を作り上げることができます。