Skip to content

タグ: 精神疾患による退職

義務化されたストレスチェック

職場環境が原因で、うつ病やその他の精神疾患による休退職者、自殺者などの増加により、労災保険請求や労働者不足等税金や企業利益の損失が著しく増加傾向にあるため、職場のメンタルヘルス対策が急務であるとし、労働安全衛生法の改正が平成26年に改正されました。

Leave a Comment